【デュエプレ】生成おすすめコモン・アンコモン・レアカードまとめ【超獣の始動】

デュエプレ

どーもこんにちは、
すーまろです(´・ω・`)

このページでは、デュエプレのパック「超獣の始動」のレアリティがコモンアンコモンレアのカードの中で、ぜひとも生成しておきたいおすすめのカードをご紹介します!

スーパーレアのカードは生成コストが高いうえにパックを購入しても入手する確率は低いので、無課金でなかなかカードが集まらない初心者の方には集めにくいという難点があります。

なので、デュエプレを始めて間もない方は無理にスーパーレアを生成するより、以下に紹介するレア以下のカードを優先的に生成して集めた方が様々なデッキに応用でき、効率的です。

【超獣の始動】おすすめのベリーレアカードまとめはこちら↓

【デュエプレ】生成おすすめベリーレアカードまとめ【超獣の始動】
デュエルマスターズプレイスで優先して生成したい超獣の始動パックのベリーレアカードをまとめた記事です。生成の際のご参考にどうぞ。

【伝説の再誕】おすすめカードまとめはこちら↓

【デュエプレ】「伝説の再誕」生成おすすめカードまとめ・解説【DM-PP2】
デュエルマスターズプレイスの「伝説の再誕」パックの中から、生成しておきたいおすすめのカードを紹介・解説しているページです。生成の際のご参考にどうぞ。

火文明

凶戦士ブレイズ・クロー

火文明最軽量の速攻デッキ向き1コストクリーチャー。コモン。

攻撃できる時は毎ターン必ず攻撃しなければならないというデメリットを持っていますが、序盤から積極的にシールドをブレイクしたい速攻デッキではほぼ気にならないデメリットです。

弱点は、1コスト、パワー2000のブロッカーに簡単に止められてしまうことです。

ブロッカーを使う相手には後述の火炎流星弾を使って突破していくなど工夫しましょう。

火炎流星弾

パワー6000以下のブロッカーを破壊するS・トリガー付き1コスト呪文。アンコモン。

ブロッカーのみとはいえ、1コストにしては破壊出来るパワーの範囲が非常に広く、4コスト程度のブロッカーなら大体破壊可能な点が魅力です。

ブロッカーを使わないデッキ相手だと腐ってしまうという欠点がありますが、そういうデッキの場合はS・トリガーを踏まない限り、速攻デッキなら大体押し切れることが多いです。

ボルカニック・アロー

自分のシールドを1つ犠牲に、相手のパワー6000以下のクリーチャーを破壊するS・トリガー付き2コスト呪文。レア。

自分が速攻デッキの場合は速攻デッキ同士のミラーマッチでもない限り、自分のシールドが1つ墓地に送られることは大して痛くなく、使い勝手のいい除去呪文として使えます。

とはいえ、考え無しに3発、4発と連発すると流石に隙を突かれてダイレクトアタックされる危険性が増えるのでご利用は計画的に。

一応、自分のシールドが1つもない場合はデメリット無しで発動することが出来ます。

コッコ・ルピア

自分のドラゴンを召喚する時のコストを2軽減する3コストクリーチャー。アンコモン。

ドラゴン中心のデッキを作る際は、ドラゴンを召喚する布石としてぜひ採用したいクリーチャーです。

ドラゴンの代表的なフィニッシャー、ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンのコストを下げ、早期召喚に成功出来れば非常に強力です。

コッコ・ルピア自身はパワー1000と貧弱で除去されやすい点に注意しましょう。

解体屋ピーカプ

3コストのスピードアタッカー。アンコモン。

スピードアタッカーの中では最も軽く、相手にブロッカーがいなければ即座にシールドをブレイク出来るので速攻デッキで活躍します。

1ターン目、2ターン目と続けて攻撃可能なクリーチャーを出し、3ターン目にこのクリーチャーを出して順調にシールドをブレイク出来れば相手のシールドは残り1枚となり、初動が遅れた相手はほぼ対処不可能となるでしょう。

灼熱波

自分のシールドを1つ犠牲に、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する5コスト呪文。レア。

小型を並べるデッキ相手ならほぼ一掃でき、全体除去系の呪文の中では珍しく自分のクリーチャーを含まない点も嬉しいです。

ボルカニック・アローと同じく、使うたびにシールドが1枚減るので、連発する際はシールドの残りに注意。

光文明

雷光の使途ミール

バトルゾーンに出た時に相手のクリーチャーを1体タップできる3コストクリーチャー。コモン。

タップ付きクリーチャーの中で最も軽いので使いやすいです。

パワーの高いブロッカーを並べる→相手クリーチャーをタップしてブロッカーで殴るという流れが光文明の得意戦術なので、コストが軽いこのクリーチャーは重宝します。

1コスト上がってS・トリガーが付いた予言者コロンはより防御的な使い方が出来るので、デッキのバランスに合わせてどちらを採用するか決めましょう。

光輪の精霊 ピカリエ

バトルゾーンに出た時にカードを1枚ドロー出来る4コストブロッカー。レア。

ドロー効果は非常に便利で、手札を減らすことなくブロッカーで守りを固められる点が優秀です。

種族もエンジェル・コマンドなのでアルカディアスなどの聖霊王の進化元になれる点も強力なクリーチャーです。

暁の守護者ファル・イーガ

バトルゾーンに出た時に自分の墓地から呪文を探索して回収できる5コストクリーチャー。レア。

使い終わったドロー呪文除去呪文を回収できる便利なクリーチャーです。

種族がガーディアンで進化先に恵まれている点も優秀です。

水文明

エナジー・ライト

カードを2枚ドローできる3コスト呪文。コモン。

水文明の基本的なドロー呪文で、中盤に手札が少なくなってきたタイミングで使いたいカードですね。

水文明を入れるデッキなら採用して損は無いカードなので、なるべく4枚集めておくと良いでしょう。

一角魚

バトルゾーンに出た時に相手クリーチャー1体を手札に戻せる4コストクリーチャー。レア。

アクア・サーファーからS・トリガーを抜いた代わりに2コスト軽くなったようなクリーチャーなので、手札から気軽に使いやすいです。

聖霊王アルカディアスなどの対処が難しいクリーチャーも除去できるので、相手のテンポを大きく狂わせることができます。

ベリーレアのアクア・サーファーより集めやすい点も嬉しいです。

ディープ・オペレーション

相手のクリーチャーと同じ数だけカードをドローできるS・トリガー付き4コスト呪文。アンコモン。

相手に依存する点が不安定ですが、大量ドローの可能性もあり得る強力な手札補充呪文です。

S・トリガーも付いているので、相手が大量のクリーチャーを展開している時にシールドから出てくると、反撃の選択肢を大きく増やすことが出来ます。

相手があまりクリーチャーを並べないデッキだと効果が薄い点には注意しましょう。

トリプル・ブレイン

カードを3枚ドローできる5コスト呪文。レア。

コストが高めな代わりに確実に3枚カードを補充できるので、長期戦向けのコントロールデッキの手札補充として活躍します。

他の手札補充系呪文にも同じことが言えますが、バトルゾーンには何も干渉しないので、相手がクリーチャーを展開していて場が不利な状況で使うのはなるべく控えましょう。

闇文明

ねじれる者ボーン・スライム

相手プレイヤーに攻撃すると自壊する1コストブロッカー。コモン。

低コストブロッカーにありがちな攻撃できない能力が無くいざという時に攻撃役にできる便利なクリーチャーです。

パワー自体は低く、相手プレイヤーにアタックすると破壊されてしまうデメリットがありますが、コストの低さの割に出来ることが多いので活躍の機会は多いでしょう。

飛行男

破壊された時に相手の手札をランダムに1枚捨てさせる2コストクリーチャー。アンコモン。

低コストながら能力はなかなか強力で、キーカードを手札に握っている相手は破壊をためらってしまうでしょう。

後述の地獄の門番 デスモーリーなどの自分のクリーチャーを破壊して能力を起動するクリーチャーとの相性も抜群です。

適当に並べるだけでも相手にプレッシャーを与えられる、いい意味で嫌らしいクリーチャーと言えます。

ゴースト・タッチ

相手の手札をランダムに1枚捨てさせるS・トリガー付き2コスト呪文。コモン。

飛行男と比べるとクリーチャーが残らない点で劣りますが、即効性と確実性が優れており、ほぼ好きなタイミングで手札破壊を行える点で差別化可能です。

相手が探索などでキーカードを補充した返しに使って捨てさせることが出来れば、相手の計画を狂わせることも可能です(相手の手札が2枚以上だと確実に捨てさせられるわけではありませんが…)。

S・トリガーが付いているのも地味に嬉しく、速攻デッキなどが序盤にブレイクしたシールドからこれが出れば急速に息切れを引き起こさせることができるでしょう。

暗闇に潜む者バット・ドクター

破壊された時に自分の墓地からクリーチャーを1体探索できる3コストクリーチャー。アンコモン。

バトルや除去、手札破壊などで墓地に送られたクリーチャーをある程度狙って回収できるので、汎用性が高いです。

弱点は墓地にクリーチャーがいない序盤に使いづらい点でしょうか。

ちなみに、種族がゴーストなのにリビング・デッドの名前の法則が付けられているかわいそうなヤツです。どうでもいい。

地獄の門番 デスモーリー

バトルゾーンに出した時、自分と相手はクリーチャーを1体選んで破壊する効果を持つ4コストクリーチャー。レア。

前述の飛行男バット・ドクターなど破壊された時に効果を発揮するクリーチャーを巻き込むと、相手のクリーチャー1体破壊+αの効果を得られるので非常に強力です。

最悪、他に自分のクリーチャーがいなくてもこのクリーチャー自身を犠牲に能力を発動できるので、除去呪文の様に使うことも可能です。

軽いデーモン・コマンドなので悪魔神バロムなどの進化元としても優秀です。

自然文明

スナイプ・モスキート

攻撃時、自分のマナゾーンからカードを1枚探索する1コストクリーチャー。アンコモン。

なんといっても1コストという軽さがウリです。

パワーも2000とコストに対して高めなうえ、マナゾーンに埋めてしまったキーカードを回収できる可能性がある点も魅力です。

ギガント・インセクトの進化クリーチャーの進化元としてもコストの低さから使いやすいです。

ただ、速攻要員として序盤から殴るとマナがなかなか溜まらず、3~4コスト程度のカードをプレイするのも難しくなるので、攻撃のタイミングには注意しましょう。

シビレアシダケ

バトルゾーンに出した時に手札から1枚マナブーストできる2コストクリーチャー。アンコモン。

フェアリー・ライフと並ぶ2コストマナブーストは貴重で、クリーチャーを残せる点がフェアリー・ライフより優れています。

しかし、手札からのマナブーストになるので連続して召喚すると手札の枯渇に繋がる点に注意しましょう。

ブルーレイザー・ビートル

相手プレイヤーを攻撃できない代わりに高いパワーを持つ3コストクリーチャー。コモン。

攻撃時には8000というコスト3とは思えないパワーを発揮できるのが魅力です。

光のタップ戦術と相性が良く、相手プレイヤーを攻撃できないデメリットを持つのでどちらかと言えば場を制圧するコントロール向けのクリーチャーと言えます。

相手の場を制圧した後はギガント・インセクトの進化クリーチャーの進化元として使えば相手プレイヤーを攻撃できないデメリットも気になりません。

念仏エルフィン

自分のクリーチャーの召喚コストを1少なくする4コストクリーチャー。レア。

バトルゾーンに生き残っている限り、クリーチャーが非常に召喚しやすくなります。

元々のコストが低いクリーチャーほど効果が大きく、2コストや3コストのクリーチャーはそれぞれ1コスト、2コストになりクリーチャーの展開をスムーズに行えます。

このクリーチャー自身を並べて大幅にコスト軽減するのも強力です。

今後実装されるであろう、多色クリーチャー持っている文明の数までしかコスト軽減出来ない(例えば、2色のクリーチャーは最低でも2マナまでしか軽減できない)は覚えておいて損はないでしょう。

【超獣の始動】おすすめのベリーレアカードまとめはこちら↓

【デュエプレ】生成おすすめベリーレアカードまとめ【超獣の始動】
デュエルマスターズプレイスで優先して生成したい超獣の始動パックのベリーレアカードをまとめた記事です。生成の際のご参考にどうぞ。

【伝説の再誕】おすすめカードまとめはこちら↓

【デュエプレ】「伝説の再誕」生成おすすめカードまとめ・解説【DM-PP2】
デュエルマスターズプレイスの「伝説の再誕」パックの中から、生成しておきたいおすすめのカードを紹介・解説しているページです。生成の際のご参考にどうぞ。
デュエル・マスターズ プレイス

デュエル・マスターズ プレイス

株式会社 タカラトミー無料posted withアプリーチ

【スマホ用冷却ファン】スマホの発熱対策におすすめ!緊急時の充電も可能
created by Rinker

コメント

タイトルとURLをコピーしました